保育士になるための資格を取得する方法

試験会場について

資格を取得するためには、試験会場に行く必要があります。試験会場は資格ごとに定められているので、取得する資格によって変わってくるのです。保育士であっても例外ではありません。また、その年によって試験会場が変わってくることもあるので、必ず事前に試験会場の確認をしておきましょう。試験会場を確認する方法は、自分でホームページを調べる方法が一般的です。

また、試験の申し込みをしたときに、試験会場の案内も一緒にしてもらえます。受験票の裏などに、詳しい案内が地図付きで記載されているでしょう。保育士の受験をする場合、通常は自分が住んでいる都道府県の会場になるのが普通です。選択した会場を変更することはできませんので、きちんと把握しておきましょう。会場の確認ができたら、後は受験日まで勉強しておきます。

当日は時間が決められているので、必ず時間までに着けるように早く出ましょう。鉄道やバスの遅れであっても待ってくれないのが一般的です。最近は会社であっても平気で遅刻をしてくる人が多いですが、時間厳守は学生でも社会人でも一般常識です。保育士の試験には筆記試験と実技試験があるのですが、会場が異なっている場合も多いので、このような点も確認しておきましょう。