保育士になるための資格を取得する方法

保育士の資格

保育園で働く場合には、保育士の資格がないと難しいのが一般的です。しかし、保育士にはなりたいけれど、どのように資格を取ったらよいのかわからないという人も多いでしょう。そこで一般的な保育士の資格の取り方を紹介させていただきます。まずは学歴についてですが、普通にサラリーマンやOLとして働く場合には、全く学歴は関係ありません。しかし、保育士の資格を取るためには、学歴が高い方が有利になります。なぜなら大学を卒業していれば、無条件で受験資格が得られるからです。

それがたとえ保育士とは全く関係のない学科だとしても、大卒という肩書だけで受験できるのです。ちなみに短期大学であっても、学科に関係なく卒業すれば受験が可能になります。専門学校の場合でも受験資格が得られるのですが、学校教育法に基づいている専修学校であることと、2年制以上の学校であることが条件です。それに対して高卒と中卒の場合には、いろいろな条件が存在しているので、その条件を満たさなければ受験資格は得られません。

高校卒業と中学卒業の場合には、児童福祉施設で定められた時間以上の勤務時間数がなければいけません。高校卒業の場合には2880時間以上、中学卒業の場合には7200時間以上必要になります。日数にすると高校卒業で360日以上、中学卒業で900日以上です。これらの条件を満たすことが、保育士の資格を取る上では必要不可欠になります。当サイトでは保育士の資格はどのようにして取るのかを説明しているので、よろしければ参考にしてみてください。


《 保育士の仕事 関連推奨サイト 》
現在保育士として働いていない人でも、受験資格を持っていれば資格を取得したのちに保育士になることができます。転職先を探す際は、保育士の転職サイトを活用してみて下さい。未経験者の方でも働ける職場を探すことが出来ます … 保育士 転職